景品選びのポイント

幹事や新郎新婦はどのように景品を選んだらいいのか悩むこともあるでしょう。二次会景品の選び方や購入にはポイントがあります。忙しいなかでスムーズな景品選びをするためには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょう。

予算最初に、景品全体の予算を決めます。景品の予算は大きく2種類あります。1つ目は新郎新婦がだす方法。2つ目はゲストの飲食代などに上乗せして会費として徴収する方法です。ゲストの会費に含む場合の注意点は、高い金額を上乗せしすぎないことです。1000円~2000円程度にしましょう。会費が高くなるとゲストの負担が大きくなります。景品は全員が貰える訳ではないので、不満がでないよう飲食の内容と景品のバランスを取りましょう。

次に、景品全体の予算から個数と配分を決めましょう。ポイントとして目玉景品に、豪華景品を用意すると盛り上がります。目玉景品は段階的に金額に差をつけて複数用意する方法や、予算が厳しい場合は一点豪華主義にする方法があります。金額に明確な差をつけたくない場合は、お手頃価格の景品を複数用意して多くのゲストに景品を持ち帰って貰うことも可能です。

ゲストの年代や雰囲気によっても、喜ばれる景品内容は変わってきます。その場の盛り上がりだけでなく、景品の持ち帰り方法やゲストが持ち帰ったあとのことを考慮して景品を選びましょう。