定番の二次会景品

予算や分配方法、景品の個数などがはっきりしたら、実際に二次会景品の購入をします。店頭やネットでは景品となる対象商品が多く扱われています。盛り上がるだけでなくゲストに喜ばれる定番の二次会景品には、具体的にどのようなものがあるのでしょう。

二次会景品の定番として、少し高いから自分では購入しないけどあったら嬉しい日常で使える商品が挙げられます。例えば美容家電やお掃除家電などです。ほかにも、消えものとしてお菓子やお酒も人気があります。

パークチケット目玉になる豪華景品の定番として、パークチケットや温泉旅行券、豪華食材などがあります。なかでも温泉旅行は行き先が指定されていないものがあります。複数ある全国各地の温泉から、ゲストが自分で選ぶことができます。さまざまなタイプの温泉があるので、世代や性別問わず使うことができます。日用品ではなく非日常の贅沢を用意することで、ゲストに喜ばれると同時に二次会が盛り上がるでしょう。

温泉旅行は、ネットショップなどで扱っています。二次会会場でのインパクトに欠けないように、一目で内容が分かる巨大パネルを用意しているショップもあります。

結婚式同様、二次会も新郎新婦へのお祝いとゲストへの感謝を伝える場であることには変わりありません。晴れの日にふさわしい二次会にするためにも、ゲストに喜ばれる二次会景品で感謝の想いを伝えましょう

【参照HP】景品ロイヤル_二次会景品取扱サイト

景品選びのポイント

幹事や新郎新婦はどのように景品を選んだらいいのか悩むこともあるでしょう。二次会景品の選び方や購入にはポイントがあります。忙しいなかでスムーズな景品選びをするためには、どのようなポイントを押さえればいいのでしょう。

予算最初に、景品全体の予算を決めます。景品の予算は大きく2種類あります。1つ目は新郎新婦がだす方法。2つ目はゲストの飲食代などに上乗せして会費として徴収する方法です。ゲストの会費に含む場合の注意点は、高い金額を上乗せしすぎないことです。1000円~2000円程度にしましょう。会費が高くなるとゲストの負担が大きくなります。景品は全員が貰える訳ではないので、不満がでないよう飲食の内容と景品のバランスを取りましょう。

次に、景品全体の予算から個数と配分を決めましょう。ポイントとして目玉景品に、豪華景品を用意すると盛り上がります。目玉景品は段階的に金額に差をつけて複数用意する方法や、予算が厳しい場合は一点豪華主義にする方法があります。金額に明確な差をつけたくない場合は、お手頃価格の景品を複数用意して多くのゲストに景品を持ち帰って貰うことも可能です。

ゲストの年代や雰囲気によっても、喜ばれる景品内容は変わってきます。その場の盛り上がりだけでなく、景品の持ち帰り方法やゲストが持ち帰ったあとのことを考慮して景品を選びましょう。

二次会景品の選び方

結婚式の二次会は、披露宴とは一味違った盛り上がりがあります。盛り上げるために、ゲームやさまざまな催しが幹事や新郎新婦によって企画されます。その中で登場する景品も、二次会を盛り上げるための大切な要素です。盛り上がるだけでなく、新郎新婦のお祝いに来てくれたゲストに喜ばれる定番の二次会景品はどんなものを選べばいいのでしょう。

温泉旅行二次会の景品を効率よく選ぶためのポイントがあります。景品全体の予算、景品個数と予算配分を決定することです。景品の予算はゲストの会費に含む方法と、新郎新婦がだす方法があります。会費に含む場合はゲストの負担が大きくならないように、上限を2000円程度にしましょう。予算分配や景品の個数は、目玉景品を複数用意して段階的に差をつける方法や、差は付けず低価格の景品を複数用意してたくさんのゲストに持ち帰ってもらう方法などがあります。豪華景品が複数又は1点あると、会場が盛り上がります。

盛り上がってゲストにも喜ばれる定番の豪華な二次会景品として、温泉旅行やテーマパークチケットなどがあります。温泉旅行は全国の豊富な温泉から、ゲストが行きたい温泉を自分で選べます。世代や性別を問わず利用できる景品でしょう。ほかにも、自分では購入しないけどあったら便利な掃除家電や美容家電、お菓子やお酒の消えものも定番の景品です。

二次会も新郎新婦や親しいゲストにとっては、結婚の大切なお祝いの催しです。盛り上がりやウケを狙って、貰って困る景品を用意したのでは台無しです。このサイトでは景品選びのポイントや、ゲストに感謝が伝わるような定番の二次会景品について説明します。